Blog

Message from RED DOGS

まいまい子猫を保護する

今年の4月はよく雨が降って寒かった

そんな朝から雨が降っていた4/10のこと

私が大和川沿いの堤防、堺側を自転車で走っていた時。前方で黒いカラスがぎゃあぎゃあ言いながら何か小さくて黒いものをクチバシでつついて転がしているのが見えた。

転がされている物体からピーピー鳴く声が聞こえたので「鳥のヒナがカラスにつつかれている??」と思い、思わず「コラー!!」と叫んでカラスを追い払った。

自転車を停めて見てみたら体長10センチくらいの目が開いていない真っ黒な子猫。雨でぐっしょり濡れて震えてる。このままにしたら確実に死ぬヤバイと思って両手で抱えてみたものの自分もパニックなので近くにいた工事現場のおじさんに助けを求めた。

おじさんは責任者に相談すると言って責任者呼んで来てくれたけどおじさん達もどうしようもないっすな感じ。「その猫はどこにいたの?」と言われたので何となく道の傍らにあったビニール袋の辺りを見たら中でもぞもぞ動いているものが!!「うああこの中にもいてる!」凄い嫌な予感がして恐る恐る袋開けて見たらしましまの子猫が一匹。他には枯葉とか枝とか。最悪な予感は外れてくれて良かった。でも明らかにゴミといっしょにビニール袋に目も開いてない子猫を入れてこの寒くて雨降りまくりの人通りのない堤防に捨てた人がいるってことやんね?信じられない。カラスの餌にどうぞ、てことやったんかなあ?

まあ、猫好きの私が通りがかったのもこの子達の強運の成せた業だと思う。おじさんにダンボール箱をもらって自宅へ連れて帰り、体を拭いてあげた。動物病院が営業するまでこたつの中に箱ごといれて保温。

IMG_4018IMG_4023[1]

 

動物病院で検査の結果カラスにつつかれてたけど外傷は無し。良かった良かった(´∀`)ギリギリ離乳するかしないかの生後3~4週間。目やにが出てるので目薬と、dbfの缶詰を出してもらった。

2017年12月19日

Haruka

2017年8月3日

Haruka

2017年7月30日

UK invasion tourその23

Haruka

2017年7月30日

UK invasion tourその22

RED DOGS

2017年7月30日

UK invasion tourその21

Haruka

2017年7月30日

UK invasion tourその20

Haruka

>>過去ブログ一覧